臭い対策

デリケートゾーンの臭いケア用クリームの効果と選び方

デリケートゾーンの臭い対策クリーム
毎日しっかりとお風呂に入っているのに、朝起きるとデリケートゾーンの臭いが気になる…
そんな方には、デリケートゾーン用の消臭クリームがおすすめです!
  • 汗が原因でデリケートゾーンが臭い
  • すそわきがが原因でデリケートゾーンが臭い
  • おりものや生理が原因でデリケートゾーンが臭い
  • 外出先でもすぐ消臭したい

デリケートゾーン用の消臭クリームは、こういった方に合った臭い対策となります♪

臭いの原因となる汗を抑えて殺菌してくれるので、すそわきがに悩んでいる方にも効果的!

この記事では、外出先でも手軽に消臭できる消臭クリームについてまとめました。

クリームの効果・注意点・選び方や使い方などを詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。
このページで分かる事
  • デリケートゾーン用の消臭クリームの効果
  • デリケートゾーン用の消臭クリームの使い方
  • デリケートゾーン用の消臭クリームの人気商品

デリケートゾーン用クリームの効果

洗わなくても本当に消臭効果があるの?と疑問に思うかもしれませんが、デリケートゾーン用クリームには『臭いの原因』に作用するよう開発されています。

消臭効果のカギは、

  1. 臭いを発する原因菌を消す
  2. 原因菌の餌を出さない
  3. 臭いにくい環境に整える

この3点です。

さらに詳しく、消臭クリームの効果を解説していきます。

臭いの原因菌を殺菌・抗菌する効果

消臭クリームには殺菌・抗菌成分が入っているので、デリケートゾーンの臭いの元となる雑菌をシャットアウトできます。

デリケートゾーンの雑菌は、汗や皮脂、おりものや排泄物を栄養として増殖しているので、どうしても時間が経つにつれ臭いやすくなるものです。

そこで消臭クリームを使うことで、クリームに配合された殺菌成分で雑菌自体を消滅させ、抗菌成分で菌を寄せ付けないようにしてくれるので、しっかりと消臭効果を発揮してくれるんです。

すそわきがの臭いも和らげる制汗効果

汗は悪臭の元となる雑菌の栄養になるだけでなく、蒸れによりデリケートゾーンの湿度を高めて、雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

さらにデリケートゾーンは、『エクリン腺』と呼ばれる汗だけを出す汗腺の他に、汗と一緒に皮脂などを排出する『アポクリン汗腺』も存在している部分です。

アポクリン汗腺から分泌された成分は、皮膚の常在菌によって分解されるとわきがのような臭いを発するので、悪臭を強める原因になっていました。

消臭クリームには制汗作用があり、エクリン腺とアポクリン汗腺に蓋をして、臭いの元となる汗や皮脂が出るのを防いでくれます。

すそわきがに悩んでいた方には、消臭クリームが最もおすすめです。

長時間持続する消臭効果

クリームは直接肌に塗ってから洗い流さないので、消臭効果が長時間持続します。

スプレータイプよりも汗で落ちにくく、デリケートゾーンの皮膚にしっかりクリームが残ってくれるので、朝塗ってから夜まで消臭できて安心です。

たくさん汗をかいた日でもすぐに塗りなおせるのもクリームのメリットで、1日中臭いを気にせずに過ごせます。

デリケートゾーンに潤いを与えて臭いにくい環境にする効果

消臭クリームには保湿成分が入っているものが多く、デリケートゾーンに潤いを与えます。

デリケートゾーンにとって、乾燥は大敵!

皮膚を潤そうと皮脂や汗を過剰に分泌するので、悪臭に繋がってしまうんです。

消臭クリームで殺菌・制汗しながら保湿することで、デリケートゾーン自体を臭いにくい環境に整えます。

恥垢やおりものの臭いには効果が無い

デリケートゾーン用クリームは、毛穴からの汗を抑えたり臭いの原因菌を殺菌する効果があります。

しかし、クリームが使えるのはV・Iラインの皮膚表面のみなので、粘膜部分の恥垢やおりもの自体の臭いを消すことはできません。

膣周辺の恥垢はたんぱく質による汚れなので、お湯ではなくデリケートゾーン専用石鹸で洗うと臭いを改善できます。
デリケートゾーン専用石鹸
デリケートゾーンの臭い対策には専用石鹸がおすすめ!効果・選び方・使い方を解説デリケートゾーンが臭い時に消臭効果があるのが石鹸です。このページでは、デリケートゾーン専用のおすすめ石鹸の紹介や使い方などについて詳しく解説します。...

また、おりものの臭いは生理周期や生活の乱れ、ストレスや性感染症でキツくなるものです。

このように、汗や毛穴周りの雑菌以外で臭っているのであれば、クリームと併用して臭いを改善していきましょう。

デリケートゾーン用クリームの選び方

デリケートゾーン用のクリームはたくさんの種類が販売されていて、それぞれ特徴的な効果が違っています。

各商品に消臭成分が入っていますが、デリケートゾーンはナイーブな部分なので、使い心地や安全性が大前提です!

そこで、消臭クリームを選ぶときに必ずチェックしておきたいポイントをご紹介します。

医薬部外品であるデリケートゾーン専用クリームを選ぶ

消臭クリームを選ぶなら、必ず『医薬部外品』という表記があるものを選びましょう。

効果や効能が弱いクリームは『化粧品』に分類されていて、パッケージに「消臭・殺菌」などの効果を表記することを禁止されています。

それに対して医薬部外品は効果や効能に本当に効果を発揮する成分が一定量配合されていて、厚生労働省から許可を得ているものです。

つまり、医薬部外品に指定された消臭クリームは、確実に消臭・殺菌効果を発揮してくれる成分が入っている証明だと言えます。

ベタつかず白く残らないデリケートゾーン専用クリームを選ぶ

クリーム自体がベタベタしたものだと塗ってから不快感がありますし、逆に蒸れを引き起こす原因になります。

また、白く残るものだと見た目でバレてしまうだけでなく、下着を汚してしまう恐れもあります。

毎日快適に使い続けられるように、塗り心地がサラッとしていて、塗ると無色透明になるものを選びましょう。

低刺激で肌に優しいデリケートゾーン専用クリームを選ぶ

デリケートゾーンの皮膚はまぶたよりも薄いので、少しの刺激でかぶれてしまったり、痛みを感じやすい部分です。

商品の販売元でパッチテストを行い、基準をクリアしたものだと安心できます。

また、余計な添加物はお肌に悪影響を与える恐れがあるので、香料や着色料、界面活性剤などが入っていないものを選んでください。

デオドラントクリームは市販品だとおすすめできない

ドラッグストア

ドラッグストアでも制汗グッズはたくさん売られていますし、デリケートゾーン用のクリームも扱われています。

しかし、市販品のクリームを購入することはおすすめできません。

なぜ市販品はデリケートゾーンの消臭に向かないのか、その理由を解説します。

市販のクリームは殺菌・消臭効果が少ない

ドラッグストアの医薬品コーナーにデリケートゾーン用クリームがありますが、ほとんどがかゆみや炎症を引き起こしたときに皮膚の状態を沈静化する薬です。

はっきりと消臭・殺菌があると表記されているものは無く、デリケートゾーン用消臭クリームとして販売されていたとしても、『化粧品』に分類される有効成分が少量のものばかり。

医薬部外品に指定された消臭クリームは販売されていません。

市販品のデリケートゾーン専用クリームは種類が少ない

デリケートゾーン用の消臭クリームは数多く販売されていますが、ネット販売が多く、市販では売られていないものばかりです。

もしドラッグストアに置かれていたとしても、本当に人気のある商品ではない可能性もあります。

市販では取扱いがゼロ、もしくは1~2種類ほどしかないので、本当に効果のある人気商品を購入することが難しいんです。

市販のクリームはデリケートゾーン用ではないものがほとんど

ドラッグストアやドン・キホーテなどには、デオドランドグッズの取扱いが充実しています。

制汗・殺菌効果のあるクリームも販売されていますが、どれもデリケートゾーン用ではありません。

確かに消臭効果を発揮するかもしれませんが、デリケートゾーンより皮膚が強いワキや足に使えるものばかりです。

デリケートゾーンに使ってしまうと皮膚がかぶれたり、炎症を引き起こす恐れがあるので、使用しないようにしましょう。

人気のデリケートゾーン用デオドラントクリーム

多くのデリケートゾーン用消臭クリームの中で、特に人気がある3つの商品をご紹介します。

どれも消臭・殺菌効果が高いだけでなく、保湿などプラスアルファの効果があり、リピーターが多いものを厳選しました。

クリアネオ

クリアネオの中身

一番商品の口コミ評価やランキングが高いのがクリアネオです。

無添加・無香料なので敏感肌の方も使用でき、金属・アルコールアレルギーの方も安心して使えるパッチテスト済みです。

体臭防止効果が強い渋柿エキスを使用していて、天然成分で殺菌・制汗に力を入れているだけでなく、ヒアルロン酸など4種類の保湿成分が配合されています。

単品購入もできますが、お値段がお得になる定期購入は1回限りでも解約可能です。

 

アクアデオ

医学誌にも掲載された実績があるアクアデオは、臭いの原因菌を100%殺菌するほど高い効果を発揮します。

雑菌の発生を徹底的に抑える成分と2種類の汗腺を抑える制汗作用があり、すそわきがの臭いにも効果的。

肌に最も近いシルク成分を配合しているので、肌の引き締め、保湿をして、デリケートゾーンの皮膚を整えてくれます。

デオシーク

数多くの雑誌にも掲載されていて、ワキや足など全身に使えます。

汗の出口に蓋をしてお肌を引き締め、24時間効果が持続する殺菌作用があるのが特徴。

渋柿エキスだけでなく、消臭に効果的なクエン酸・重曹・炭酸ナトリウムも配合されています。

保湿や引き締め成分でスキンケアをしながら消臭してくれる優れものです。

デリケートゾーン用クリームの使い方と注意点

デリケートゾーン用消臭クリームの使い方はまさに「塗るだけ」ですが、いくつか覚えておきたいポイントがあります。

間違った使い方をすると逆効果になってしまう恐れがあるので、ぜひ目を通しておいてください。

クリームはデリケートゾーンの粘膜部分には使わない

消臭クリームは粘膜部分を避け、VラインやIラインに塗って使用します。

良く間違えて使い方を紹介されていたり、勘違いして塗ってしまう人もいるのですが、汗をかく毛穴に対して制汗・殺菌をするものです。

粘膜部分の殺菌をしようと膣周辺に塗ってしまうと、いくら低刺激でも良くありませんし、粘膜に必要な善玉菌まで殺菌してしまう恐れがあるので、必ず使用箇所は守りましょう。

クリームは清潔な手で毛穴に塗るようにする

クリームは外出先などどこでも塗れますが、必ず良く手を洗ってから指で塗りましょう。

手に付いた雑菌をクリームの効果が行き届かない粘膜に付着させてしまうと、菌の侵入を防ぐためにおりものの量が増え、臭いやすくなってしまいます。

臭いが気になるときはクリームを朝晩2回塗る

しっかり消臭したい方は、昼すぎから夕方あたりにもう一度塗り直すと夜も臭わず安心です。

1度塗れば長時間効果が持続しますが、夏場など汗をかきやすい時期は2回使用することをおすすめします。

デリケートゾーン専用クリームを使う前に必ずパッチテストを行う

いくら低刺激・無添加と言っても、体質によってはかぶれなど予期せぬ症状が現れる可能性もあります。

デリケートゾーンは特に皮膚が薄い部分なので、必ずパッチテストを行ってから使用しましょう。

二の腕の内側に塗ったり、Vラインの一部に1日塗って、変化が無いか様子を見てください。

このページのまとめ

デリケートゾーン用の消臭クリームは、汗をかいたり、毛穴付近の雑菌の繁殖が原因の臭いに効果的です。

制汗効果が高いので、すそわきがに悩んでいる方や、蒸れで臭いやすい方に特におすすめ。

しかし、粘膜部分には塗れないので、恥垢やおりもの汚れが臭いの原因になっている場合、効果が半減してしまいます。

入浴時にデリケートゾーン用の石鹸でしっかりとたんぱく質汚れをおとし、クリームと併用してダブル消臭をするとさらに効果が実感できますよ♪
ABOUT ME
カズミ
カズミ
コメント待ってます♪
デリケートゾーンのトリセツ