臭い対策

デリケートゾーンの臭い対策には専用石鹸がおすすめ!効果・選び方・使い方を解説

デリケートゾーン専用石鹸

アソコが臭い・・・

デリケートゾーンのにおいが気になる方は、デリケートゾーン専用の石鹸を使ってみるだけでもかなり違いが出ます。

どんなにしっかり洗っていても、お湯だけでは改善できませんし、ボディーソープだと逆効果になることもあるんです…。

そこで、デリケートゾーン専用石鹸の効果や選び方、使い方など詳しく解説していきます。

臭いに悩んでいる方、デリケートゾーン専用石鹸を使ってみたい方は、参考にしてみてください。
このページで分かる事
  • デリケートゾーン専用石鹸の消臭効果
  • デリケートゾーン専用石鹸のオススメ商品
  • デリケートゾーン専用石鹸の使い方

デリケートゾーン専用石鹸で洗ったほうが良い理由

デリケートゾーンは普通の石鹸で洗ったらダメ?
トラブルのないデリケートゾーンを目指すなら絶対に「専用」の石鹸をおすすめします!!

わざわざデリケートゾーンに専用石鹸を使用することを勧めるのには、理由があります。

専用石鹸が持つ効果は、ただの『洗浄』だけではありません。

専用石鹸が向いているのはこんな人!

  • 毎日入るお風呂でデリケートゾーンのケアをしたい
  • 肌が弱い
  • すぐに臭い改善がしたい
  • かゆみも気になる
  • クリームやオイル・スプレーに抵抗がある

上記に当てはまる方には、デリケートゾーン専用石鹸をおすすめします。

石鹸はデリケートゾーンの臭いケア初心者さんから安心して使えるもので、長時間肌に付けるものでは無いのため副作用の心配もいりません。

また、ウェットシートなどの一時的な効果でなく、丸一日効果が持続する消臭グッズを求めている方にもピッタリです。

実際にどんな効果を持つのか、それぞれ詳しく解説していきます。

デリケートゾーン専用石鹸は自浄作用を崩さず洗える

膣内を常に酸性に保つことで雑菌の侵入を防いでいるのですが、一般的なボディーソープはアルカリ性のものがほとんどです。

洗浄力が強いので強い刺激を与えてしまいますし、膣周辺に必要な常在菌や乳酸菌まで洗い流してしまい、雑菌の防衛力が落ちている状態に…。

自浄作用が弱まっている環境で雑菌が繁殖してしまうと、デリケートゾーンの臭いを強めてしまう原因に繋がります。

ボディーソープに対しデリケートゾーン専用石鹸は弱アルカリ性~弱酸性になっていて、染みにくく陰部のphバランスを崩しません。

自浄作用を弱めないまま、消臭・殺菌など、デリケートゾーンにとって嬉しい効果を発揮してくれるんです。

デリケートゾーン専用石鹸は臭いを消すのに即効性があって持続力が高い

デリケートゾーンの臭いは、おりものや恥垢などたんぱく質系の汚れが溜まることでも発生します。

たんぱく質汚れはお湯では落ちにくいのですが、専用石鹸であれば適切な洗浄力で洗い落とすことができます。

特に人気が高いのは、『ジャムウ』と呼ばれるインドネシアのハーブが配合されている石鹸です。

消臭・殺菌・色素沈着に効果的な天然成分で、デリケートゾーンの悩みにピッタリです。

また、消臭だけでなく香り付きの石鹸はほのかな香りが残るので、パートナーとの対面前に使用する方が増えています。

デリケートゾーン専用石鹸は消臭効果以外に黒ずみ解消効果や保湿効果もある

デリケートゾーン専用石鹸が選ばれているのは、消臭効果だけでなくその他のデリケートゾーンのお悩みも解決してくれるからです。

例えばデリケートゾーンの乾燥は臭いを悪化させる原因になり、膣萎縮で膣の壁を固くさせてしまいますが、専用石鹸には保湿効果成分が配合されているものもあります。

さらに、女性ならデリケートゾーンの見た目を気にする人も多いと思いますが、黒ずみ解消や美白効果がある石鹸も開発されています。

専用石鹸ひとつで、様々な効果を発揮してくれますよ。

デリケートゾーン専用石鹸は脇やバスト(乳首)にも使える

デリケートゾーン”専用”石鹸でも、体全体に使用できます。

弱アルカリ性~弱酸性なのでお肌自体が弱い方も安心して使えますし、消臭効果や黒ずみ改善はワキやバストトップにも有効です。

デリケートゾーンのためだけに石鹸を買うのは抵抗がある…という方でも、全身に使えると考えると無駄がありませんよね。

専用の石鹸を使うだけでこんなにメリットがあるんだ♪

デリケートゾーン専用石鹸の種類

専用石鹸には、固形・液体・泡タイプの3種類に別れます。

きちんと泡立てて使うことは前提ですが、形状で効果が左右されることはないので、自分が使いやすいタイプを選びましょう。

固形タイプのデリケートゾーン専用石鹸

丸や四角い形をした固形タイプの石鹸は、泡立てネットでしっかり泡立てて使います。

使い終わった後は風通しの良い場所でしっかり乾燥させなければならないので使用に手間はかかるのが短所。

しかしどのタイプの石鹸よりも持ちが良く、コスパが良いです。

液体タイプのデリケートゾーン専用石鹸

ボディーソープのような液体状になっているタイプは、必要な分だけ手に取り水を加えて泡立てます。

固形よりも保管に気を使わず泡だてやすいことがメリット。

ドラッグストアで売られているものも液体タイプが多いです。

泡タイプのデリケートゾーン専用石鹸

固形や液体に比べて内容量が少な目な印象がありますが、泡立てる必要が無いので楽ちん!

手に出してそのまま使えて、モコモコな泡はデリケートゾーンを傷つける心配がいりません。

自分で泡立てるよりも濃密な泡が作られるので、泡パックとして使いたい方にもおすすめです。

デリケートゾーン専用石鹸の選び方

デリケートゾーン専用石鹸はかなり前から注目されているので、たくさんの種類が販売されています。

使ってみたいけど、どれを選べばいいのかわからない…という方に、『選び方のポイント』を解説します。

デリケートゾーン専用石鹸は内容成分の種類で選ぶ

デリケートゾーン専用石鹸には、商品ごとにさまざまな成分が配合されています。

特に人気が高いのは、先程もご紹介した消臭効果の高いジャムウ入りの石鹸です。

その他にも、

殺菌

新抗菌(抗カビ)

保湿、潤い

黒ずみ改善

角質除去

これらの中で、自分が求めている効果を持つ石鹸を選びましょう。

デリケートゾーン専用石鹸は弱アルカリ性か?弱酸性か?で選ぶ

デリケートゾーン専用石鹸には、「弱アルカリ性」と「弱酸性」の2種類が存在します。

膣内は弱酸性なので、同じphのものを選んだ方がいいのでは?と思うものですが、一概にそうとは言えません。

メリット デメリット
弱アルカリ性 洗浄力が強く洗い流しやすい やや刺激があり乾燥に繋がる可能性も
弱酸性 皮膚への負担が少ない
常在菌を残し自浄作用を損なわない
皮脂汚れの洗浄力が弱い
洗い流しが不十分な場合刺激になる

どちらも一長一短の特徴があるため、体質に合う方を選びましょう。

体質の判断ポイントは、以下を参考にしてください。

弱アルカリ性…普段からおりものがしっかり出て膣周辺が潤っている人(たんぱく質汚れが溜まりやすく乾燥していない)

弱酸性…乾燥が気になる・カンジダを発症しやすい・ボディーソープが付くと染みる

日本人のデリケートゾーンに最適な石鹸を選ぶ

日本に比べて海外のデリケートゾーンケアは一般化していて、海外製品の石鹸も多く販売されています。

しかし、海外の方と日本人では、デリケートゾーンの性質が異なります。

どちらかというと日本人の方が敏感肌で、角質層のバリア機能が弱い傾向にあるんです。

そんなわけで日本人向けに開発された、日本製の商品を選ぶと安心です。

特に人気があるおすすめのデリケートゾーン専用石鹸

ここまでデリケートゾーン専用石鹸の効果や選び方をご紹介しましたが、全てを踏まえたうえでおすすめできる専用石鹸3つをピックアップしました。

どれも口コミや成分などが人気な商品を厳選しているので、ぜひチェックしてみてください。
知りたい!教えて~♪

クリアネオパール

クリアネオパールの中身
消臭力
石鹸の種類 液体タイプ
ph 弱アルカリ性
価格 定期購入2,980円税込
単品購入3,480円税込

クリアネオパールはスキンケアアドバイザーが開発した石鹸で、雑誌の口コミランキング1位に選ばれました。

消臭・黒ずみ・保湿・肌ケアに効果がある成分が十数種類ずつも贅沢に配合されています。

消臭力はもちろん、保湿効果は他のデリケートゾーン用石鹸の中でもNo.1!

ヒアルロン酸・コラーゲン・プラセンタ・セラミドも配合しているので、まるで保湿クリームを塗ったような洗い上がりに驚きます。

ほんのりシャボンの匂いがするから、お風呂上がりのようないい香りが長時間持続します。

液体タイプで泡立てる必要がありますが、泡立ち力が良いので、ボディタオルでもモコモコの泡が簡単に作れますよ♪

 

イビサソープ

イビサソープの中身
消臭力
石鹸の種類 泡タイプ
ph 弱酸性
価格 定期購入3,970円税別
単品購入5,800円税別
備考 医学部外品
イビサソープは、デリケートゾーンの消臭効果とニキビケアに効果がある成分が一定の基準値以上配合されている「医薬部外品」に認められています。

消臭・殺菌・抗菌、黒ずみ改善、保湿、肌ケア(ニキビケア)の4つの効果を持っていることが特徴。

ブラジリアンワックス脱毛サロンが開発しているので、女性が持つデリケートゾーンの悩みを全て取り入れて作られました。

イビサソープは泡で出てくるタイプだから、余計な手間無く使えるのが嬉しい♪

ほんのり香り付きで、洗い上がりはさっぱりしているのにデリケートゾーンのお肌がしっとり潤っていることが実感できます。

「消臭しながらニキビや肌荒れもケアしたい!」「毎回泡立てるのが面倒」という方におすすめです。

 

LCジャムウ・ハーバルソープ

ジャムウハーバルソープの中身
消臭力
石鹸の種類 固形タイプ
ph 弱アルカリ性
価格 2,088円税込
ジャムウハーバルソープは、女性のカラダに関するグッズを取り扱っているLCラブコスメが開発した、固形タイプのデリケートゾーン用石鹸です。

さまざまな消臭効果のある植物をブレンドしたジャムウにこだわっているから、デリケートゾーンに優しく安全なのに消臭力はバツグン!

ジャムウハーバルソープに配合されている成分はたったの9種類ですが、デリケートゾーンの消臭・黒ずみ・肌ケアの効果を発揮してくれます。

石鹸自体は洗浄力のある弱アルカリ性ですが、デリケートゾーンの粘膜が敏感肌の方でも染みずに洗えます。

完全無香料で、洗い上がりはキュッとした肌感でした。

ジャムウハーバルソープは余計な成分を一切使っていないので、オーガニックにこだわりたい方におすすめです。

 

デリケートゾーン専用石鹸の使い方と注意点

実際に専用石鹸を使ってデリケートゾーンを洗う手順や、各段階での注意点をご紹介します。

いくら専用石鹸を使っていても正しく洗えていないと効果を実感できない可能性があるので、使い方を覚えておきましょう。

デリケートゾーン専用石鹸はよく泡立てて使う

固形・液体タイプの石鹸は、最初によく泡立てます。

まぶたの皮膚よりも薄い膣周辺を傷つけないためで、そのまま使うと石鹸カスが残りやすかったり、皮膚を傷つけてしまう恐れがあるので注意してください。

デリケートゾーン専用石鹸で洗う時は指の腹でマッサージするように洗う

デリケートゾーンを洗うときはタオルやスポンジなどを使わず、指の腹でマッサージするように洗います。

IラインからOラインにかけて、シワの間など細かいところまで洗いましょう。

このとき、膣の中まで洗うのはNGです。必要な常在菌を洗い流してしまうので、いくら専用石鹸を使っていても自浄作用を弱めてしまいます。

デリケートゾーン専用石鹸はしっかり洗い流す

最後は石鹸が残らないようにしっかり洗い流します。

石鹸が残っていると肌トラブルの原因になるので、シワの間まで、ぬめりが無くなるまで洗い落としてください。

シャワーは直接当てると黒ずみの原因になるので、手のひらで流れるお湯をすくうように当てて石鹸を落とすのがポイントです。

デリケートゾーン専用石鹸で洗った後に泡パックを使うと効果的

黒ずみ・角質除去効果がある石鹸を使う時や、しっかりとデリケートゾーンの消臭をしたい日には、泡パックがおすすめです。

まずデリケートゾーンの汚れをお湯で洗い流し、泡が流れ落ちないように軽く水分を拭き取ります。

そのあとしっかり泡立てた泡で膣周辺を覆って2~3分放置したあと洗い流せば完了。

普通に洗うよりもかなり効果を実感しやすく、消臭効果の持続性も高いです。

この記事のまとめ

デリケートゾーンを洗うときは、お湯だけやボディーソープを使用するよりも、専用石鹸を使ったほうが遥かにメリットがあります。

石鹸自体の消臭効果以外に、膣が持つ本来の機能を整えることができるので、自分に合った専用石鹸を使ってみましょう。

ただ、専用石鹸でも正しい洗い方を心がけることが大切です。

今までデリケートゾーンのにおいで悩んでいた方は、はじめのケアとして専用石鹸を試してみてはいかがでしょうか。
ABOUT ME
カズミ
カズミ
コメント待ってます♪