臭い対策

【デリケートゾーンの臭い対策まとめ】アソコが臭くなる主な5つの原因と解決策

アソコの臭いの5つの原因と対策

女性のデリケートゾーンは、本来は少し酸っぱい程度が正常な臭いです。

しかし、ツンとした臭い・生臭い・おりものの量が増えて臭いがキツくなったなど、デリケートゾーンの臭いに悩む女性はとても多いんです。

私もたまにアソコの臭いが気になる…

このデリケートゾーンの臭いの原因は人それぞれで、原因に適した臭い対策をしなければ効果がしっかり実感できません。

自分に当てはまるアソコの臭いの原因を見つけ、一番効果的な対策方法を試しましょう。

このページではアソコの臭いの主な5つの原因と消臭効果抜群の対策方法&ケア用品について詳しく解説していきます♪
このページで分かる事
  • デリケートゾーンの臭いの主な原因
  • デリケートゾーンの臭いのそれぞれの原因にあった対策
  • おすすめのデリケートゾーンの臭いケア用品

デリケートゾーンが臭う主な5つの原因と対策

デリケートゾーンが臭う原因は、色々ありますが主に5つの原因に分類する事ができます。

その5つの原因を知って、なぜデリケートゾーンが臭ってしまうのか?と併せて原因にあった臭い対策をご紹介します。

雑菌の繁殖(最も多いデリケートゾーンの臭いの原因)

デリケートゾーンが臭ってしまう原因で最も多いのは、雑菌の繁殖です。

通常は雑菌が繁殖しないように膣周辺は酸性に保たれているのですが、さまざまな影響により自浄作用が低下したり、蒸れなどで雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうと臭いの原因菌が増え悪臭を発します。

雑菌が原因のデリケートゾーンの臭いを改善するには、雑菌を洗い流して寄せ付けない対策が必要になります。

では、具体的な雑菌が繁殖してしまう原因と、それぞれの対策方法を見ていきましょう。

雑菌の繁殖する原因①「汗・皮脂」

デリケートゾーンにも汗腺があり、陰部の構造や下着と密着していることから、汗をかくととても蒸れやすい場所です。

また、汗と一緒に皮脂も分泌されているため、脂臭や、臭いの原因となる汚れを溜めやすくなってしまいます。

汗は通常無臭ですが、蒸れると雑菌が繁殖して臭ってしまうため、汗をかきにくい、または蒸れにくい環境作りが必要です。

雑菌対策をしっかりする為に、まずはデリケートゾーンの正しい洗い方をしっかりと確認しておきましょう!!

当サイトの別記事で正しい洗い方・間違った洗い方をご紹介していますので、ぜひ読んでみてください。
デリケートゾーンの臭いの原因になる汗や皮脂のケア方法でできる対策は以下です♪
汗・皮脂に有効な臭い対策
  • 通気性の良い綿100%の下着を履く
  • デリケートゾーンに汗をかいたらウェットシートで拭き取る
  • デオドラントクリームで汗を抑える
  • アンダーヘアを減らす(VIO脱毛)
雑菌の繁殖する原因②「雑菌を防ぐ自浄作用の低下」

女性の膣周辺はデーテルライン桿菌という乳酸によって酸性に保たれており、雑菌が繁殖しにくくなっています。

この自浄作用や弱まると雑菌が繁殖してしまい、デリケートゾーンやおりものを臭わせたり、感染症にかかりやすくなってしまいます。

デリケートゾーンの自浄作用はストレスや体調の変化でも弱まってしまいますが、デリケートゾーンの洗いすぎで酸性に保たれたphバランスが崩れることも原因です。

膣の奥まで洗ったり、洗浄力の強いボディソープを使うことは臭いを悪化させてしまうので、デリケートゾーン専用石鹸を使用しましょう。

また、乳酸が配合されたジェルで膣洗浄をすると、弱まったデーテルライン桿菌を助け自浄作用を高めることができます。

自浄作用の低下を抑える有効な対策は以下です♪
自浄作用の低下に有効な臭い対策
  • デリケートゾーン用石鹸で洗う
  • 乳酸菌入り膣洗浄器を使う
  • ストレスや不規則な生活の見直し
雑菌の繁殖する原因④「おりものシートを間違って使っている」

おりものが臭う、量が多いときは、下着汚れ防止や清潔な状態を保つためにおりものシートを使う方が多いかと思います。

しかし、おりものシートはかえって蒸れの原因になることもあるので、雑菌が繁殖して臭いを悪化させる恐れがあります。

こまめにおりものシートを取り替えることはもちろん、おりものシートの素材はコットン100%の通気性の良いものを使用しましょう。

デリケートゾーンの臭い対策としての正しいおりものシートの使い方は以下です♪
おりものシート使用時の臭い対策
  • おりものシートは2~3時間おきに交換する
  • コットン100%のおりものシートを選ぶ
  • さらさら感を保つライナー用のパウダーを使う
  • デリケートゾーン用スプレーで殺菌・抗菌し、蒸れによる雑菌の繁殖を抑える

すそわきが

デリケートゾーンには、通常の汗腺の他にアポクリン汗腺が存在します。

アポクリン汗腺はワキや乳頭にもあるもので、汗と一緒にタンパク質や糖質、皮脂が分泌されています。

これらの成分が皮膚の常在菌に分解されると強烈な悪臭を発するのが「すそわきが」です。

遺伝的な体質で人によって臭いの強弱には差がありますが、すそわきがはどんなに洗っても汗をかけば臭ってしまいます。

アポクリン汗腺から汗を出さない対策や、汗をデリケートゾーンに留めないVIO脱毛が臭い対策に効果的です。

すそわきがの人に有効な対策は以下です♪
すそわきがの人に有効な臭い対策
  • デオドラントクリームで制汗
  • デリケートゾーン用スプレーで制汗・消臭
  • 食生活を改善して体臭を抑える
  • 医療機関で治療する
  • VIO脱毛

食べ物

普段食べているものは、体臭だけでなくデリケートゾーンの臭いにも影響しています。

特に肉中心の食事や、ニンニクやキムチなどアリシンを含む食べ物はデリケートゾーンの臭いに強く現れやすく、すそわきが体質の人も臭いが悪化します。

食生活の乱れに自覚がある方は、食べ物の改善を心がけてください。

デリケートゾーンの臭いの原因が普段の食事によると思われる場合は以下を参考にしてみてください♪
臭い解消に有効な食事系の対策
  • 野菜中心の食事をして、肉やアリシンを含む食べ物を避ける
  • 抗酸化作用がある食べ物やサプリを摂取する
  • デリケートゾーン用石鹸で臭いにくい環境を作る

病気(性病)

膿のようなおりものが出たり、生臭いおりものに悩んでいる方は、性感染症が疑われます。

性感染症は性行為からだけでなく、体調不良などで膣周辺の自浄作用が低下し、原因菌が増殖してしまうことでも発症します。

特に、誰もが感染する可能性があるのがカンジダ膣炎と細菌性腟炎です。

カンジダ膣炎はかゆみが主な症状なのに対し、細菌性腟炎はおりものが強烈な悪臭を放つ感染症です。

よく洗ったり、一時的にデオドラント用品で消臭しても臭いの原因は改善できません。

症状が進行している場合はすぐに病院に行くことが最善の対策ですが、初期症状の段階であれば乳酸が配合された膣洗浄を行って自浄作用を高め、原因菌を抑えましょう。

これって病気が原因かなぁ…と思われる時の対策は以下です♪
病気(性病)が原因の臭い対策
  • 産婦人科に行く
  • 自浄作用を高める膣洗浄器を使う

ホルモンバランスの変化

生理前や生理後はおりものの臭いや量に変化があるものですが、これは生理周期で女性ホルモンの分泌量が変化する影響です。

女性ホルモンが多いとおりもののの量が増えて蒸れやすく、逆に少ないと臭いがキツくなりやすくなっています。

通常は生理周期でホルモンバランスが変化するものですが、加齢(更年期)・妊娠・ストレス・ピルの服用でも影響を受けています。

ホルモンバランスが変化する原因①「加齢(更年期)」

30代後半から40代になると、デリケートゾーンが臭くなったと感じる人が多くなります。

これは加齢による女性ホルモンの減少や、膣周辺が乾燥することが原因です。

女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンを摂取したり、保湿ケアを取り入れましょう。

デリケートゾーンの臭いの原因が加齢によるものの場合にできる対策が以下です♪
加齢による臭いに有効な対策
  • 豆乳やサプリで大豆イソフラボンを摂取する
  • 保湿効果が高いデリケートゾーン用石鹸を使う
ホルモンバランスが変化する原因②「妊娠」

女性は、妊娠すると出産までの間女性ホルモンが常に多く分泌されています。

女性ホルモンの量が増えるとおりものの量が増えるので、蒸れて雑菌が繁殖することで臭ってしまったり、おりものの臭いを感じやすい状態です。

また、妊娠初期から後期にかけて時期ごとにおりものの臭いと量が変わります。

しかし、妊娠中は赤ちゃんへ影響を与えないために過剰な臭いケアは避け、洗い流さないタイプの消臭グッズを使用するときは医師へ相談してからにしましょう。

妊娠中のデリケートゾーンの臭い対策に有効な方法は以下となります♪
妊娠中に有効な臭い対策
  • オーガニックのデリケートゾーン専用石鹸で洗う
  • デリケートゾーンの通気性を良くする
ホルモンバランスが変化する原因③「ストレス」

ストレスは体臭自体を強めて膣周辺の自浄作用を弱めるだけでなく、女性ホルモンのバランスにも影響を与えます。

一番の解決策はストレスの原因を取り除くことですが、難しい場合は身体の休息を優先し、臭いケアグッズを活用することをおすすめします。

ストレスが原因でデリケートゾーンが臭う時の対策は以下です♪
ストレスが原因で臭う場合対策
  • ストレスの発散・休息
  • デリケートゾーン用の石鹸・消臭スプレーの活用
  • 乳酸入り膣洗浄で自浄作用を高める
ホルモンバランスが変化する原因④「低用量ピル」

避妊だけでなく、生理周期の調整や生理痛緩和のためにピルを服用している方が増えていますが、ピルを飲んでからデリケートゾーンの臭いが悪化してしまう場合があります。

ピルは身体を妊娠中と同じ状態にさせるため、女性ホルモンが増加していて、おりものの量が増えることが原因です。

また、女性ホルモンが増えると汗をかきやすくなるので、蒸れにより雑菌が繁殖しやすくなっています。

デリケートゾーンの臭いがキツくなったからと言ってピルの服用を止めるのではなく、ピルを飲みながら行える臭いケアを実践しましょう。

低用量中のピルの服用中でもできるアソコの臭い対策は以下です♪
ピル服用中に有効な臭い対策
  • デリケートゾーン用石鹸で洗う
  • デオドラント効果がるスプレーやクリームで汗を抑える
  • VIO脱毛で蒸れにくくする

デリケートゾーンの臭いの5つの主な原因と対策のまとめ

ご覧いただいたようにデリケートゾーンの臭いは、ほとんどの場合上記の5つのいずれかが原因となっています。

ここまでの主な原因対策について見やすいように表にまとめたので、自身の臭いの原因を見つけて適切な対処をとるようにしてみてください!!
臭いの原因 原因の詳細 臭いの対策
雑菌の繁殖 汗・皮脂 制汗
VIO脱毛
汗の拭き取り
殺菌・抗菌
自浄作用の低下 デリケートゾーン用石鹸で洗う
乳酸入り膣洗浄
おりものシート こまめに取り替える
コットン100%素材
殺菌、抗菌
すそわきが 汗を抑える
VIO脱毛
医療機関での治療
食べ物 食生活改善
抗酸化作用のある食べ物、サプリメント
デリケートゾーン用石鹸で洗う
病気(性病) 産婦人科で治療
自浄作用を高める
ホルモンバランスの変化 加齢の影響 女性ホルモンを補う
保湿ケア
妊娠の影響 デリケートゾーンの通気性を良くする
デリケートゾーン用石鹸で洗う
ストレスの影響 ストレス発散、休息
自浄作用を高める
消臭グッズの活用
低用量ピルの影響 デリケートゾーン用石鹸で洗う
制汗
VIO脱毛

デリケートゾーンの消臭効果抜群の対策アイテム

デリケートゾーンの臭い対策用にさまざまなグッズが販売されていますが、その中でも効果的なもの5つを紹介します。

それぞれ全て私が実際に使用してみていますが、消臭の即効性と持続性があるものは石鹸とスプレーでした。

おりもの自体が臭い方には膣洗浄器がおすすめで、わきが体質の方にはクリーム、根本的な体質を変えたいのであればサプリメントが効果的です。

汚れや雑菌にはデリケートゾーン用石鹸

毎日のお風呂では、ボディソープではなくデリケートゾーン専用の石鹸を使うことを強くおすすめします。

ボディソープは洗浄力が高く、膣周辺に必要な常在菌まで洗い流してしまうのに対し、デリケートゾーン専用石鹸は膣周辺に適した洗浄力になっています。

デリケートゾーンに付着したおりものや皮脂などを洗い流すだけでなく、消臭効果や保湿成分が入った石鹸を選びましょう。

デリケートゾーン専用石鹸
デリケートゾーンの臭い対策には専用石鹸がおすすめ!効果・選び方・使い方を解説デリケートゾーンが臭い時に消臭効果があるのが石鹸です。このページでは、デリケートゾーン専用のおすすめ石鹸の紹介や使い方などについて詳しく解説します。...

クリアネオパール

クリアネオパールの中身

デリケートゾーン用石鹸の中で一番おすすめで、保湿力が高いのがクリアネオパールです。

化粧水にも使われるヒアルロン酸やコラーゲンを配合していて、洗い上がりは保湿クリームを塗ったように感じるほどのしっとり感!

デリケートゾーンが加齢による乾燥で臭ってしまっている人にもおすすめですし、デリケートゾーンの保湿ケアは何をしたら良いかわからない…という方も、クリアネオパールで洗うだけでも十分です。

デリケートゾーンの消臭・殺菌・抗菌効果も優れていて、クリアネオパールで洗ってから1日中臭いが気になりません。

液体タイプの石鹸で泡立ちが良く、消臭・黒ずみ解消・保湿・肌ケアの4つの効果があります。

しっかり臭いケアをしながら、デリケートゾーンの悩み全てを解消してくれる石鹸です。

イビサソープ

イビサソープの中身

最初から泡で出てくるタイプのイビサソープは医薬部外品で、VIOのブラジリアンワックス脱毛専門店が開発した石鹸です。

泡立てをしなくてもホイップクリームのような泡で洗えて、臭いの原因汚れを落としてしっかり殺菌・抗菌し臭いを防いでくれます。

わざわざデリケートゾーン用石鹸を泡立てて使うのが面倒…という方は、イビサソープがおすすめです。

消臭効果以外にも、黒ずみ解消・肌ケア・保湿効果があり、粘膜が染みやすい敏感肌の方でも痛みがなく洗えます。

他の石鹸と違うのは、ニキビケアもできること!

ニキビに有効な成分が含まれているので、消臭と同時にニキビも治したい方に向いています。

ジャムウハーバルソープ

ジャムウハーバルソープの中身

ジャムウハーバルソープの特徴は、消臭効果が高いと言われるジャムウを使用していることです。

ジャムウは、植物を配合して作られた民間薬のことで、石鹸自体もジャムウの本場インドネシアで製造されています。

しっかり消臭できて、デリケートゾーンのタンパク質汚れも落とせる弱アルカリ性の石鹸ですが、粘膜部分を洗っても全く染みません。

固形タイプなので泡立てる必要がありますが、ジャムウハーバルソープは完全オーガニックにこだわっています。

成分は9種類しか使われておらず、デリケートな部分に使用する石鹸だから安心♪

妊婦さんや敏感肌の方におすすめです。

雑菌で臭ってしまった緊急時には消臭スプレー

デリケートゾーンをどんなにお風呂で丁寧に洗っても、日中に汗をかいたりおりものが出るので臭ってしまうものです。

夕方になるとデリケートゾーンの臭いが気になる…という方は、消臭スプレーを1つ持っておくと安心です。

消臭スプレーはミストタイプなので、シュッと吹きかけて乾いたら下着を履くだけでOK!

デリケートゾーンに使えるように開発された肌に優しい商品ですが、とても高い消臭効果を発揮してくれます。

デリケートゾーン臭い対策スプレー
デリケートゾーンが臭い時に使いたい即効性があるスプレーを2つ紹介しますこのページではデリケートゾーンの臭いケア商品として即効性があるデリケートゾーン専用のスプレーの効果・選び方・使い方などについて分かりやすく解説しています...

イビサデオドラント

イビサデオドラントの中身

イビサデオドラントは、デリケートゾーンの殺菌・抗菌で臭いの原因を無くし、制汗効果で原因菌の餌となる汗を抑えます。

デリケートゾーン特有のツンとした臭いから、すそわきがにも効果的です。

イビサデオドラントの消臭効果は、納豆の臭いも消すほど強力!

ほんのりいい香りがするミストなので、女性の気分を高めてくれます。

さらに、保湿・黒ずみ解消・肌ケア効果がある成分も配合されていて、デリケートゾーン用石鹸のイビサソープと使えば効果アップです♪

消臭スプレーはいくつか試しましたが、個人的に一番効果が高いと感じました。

インナーブラン

インナーブランの中身

デリケートゾーンの臭いの代表であるチーズ臭・わきが臭・アンモニア臭・酸っぱい臭いを消臭する成分が入っているインナーブラン。

殺菌・抗菌・抗カビ作用があり、医薬部外品にも指定されています。

また、クエン酸ナトリウムが臭いの原因菌の餌となる古い角質を取り除く効果があるので、臭いの原因を徹底除去します。

エタノールも配合されていて、消臭に特に力を入れたスプレーです。

ただ、消臭効果はかなり高いですが、粘膜部分にミストがかかると染みる恐れもあるので、肌が弱い方はイビサデオドラントの方がおすすめです。

すそわきがや汗にはデオドラントクリーム

汗をかきやすい方やすそわきがの方は、汗ケアに力を入れると効果的です。

クリームタイプはデリケートゾーンの毛穴に直接塗るものなので、毛穴から出る汗を抑えながら殺菌・抗菌して臭いを解消する効果があります。

臭ってからの消臭より、臭う前の予防にとして使用するのがおすすめです。

デリケートゾーンの臭い対策クリーム
デリケートゾーンの臭いケア用クリームの効果と選び方このページではデリケートゾーンの臭い対策として人気のある消臭クリームの効果や使い方などについて詳しく解説しています...

クリアネオ

クリアネオの中身

クリアネオは、デリケートゾーンの臭い全般に効果的ですが、特にわきが臭に着目して商品開発をしているので、アポクリン汗腺に蓋をして汗をかきにくくします。

さらに、消臭・殺菌・抗菌成分が配合されていて、しっかり臭いをケアしてくれるクリームです。

粘膜部分ではなくIラインやVラインに塗るものなので、タンパク質汚れを落とせるデリケートゾーン用石鹸と併用するのがおすすめです。

また、消臭効果だけでなく、黒ずみ解消・保湿・肌荒れ防止効果も期待できます。

臭うおりものには膣洗浄器

汚れや菌・汗のケアをしても、膣の奥の臭いまではなかなかケアできないものなので、膣洗浄を行うと効果的です。

膣洗浄には、精製水タイプとジェルタイプの2種類がありますが、精製水だと膣に必要な常在菌まで洗い流してしまうため、一時的に臭いが消えても根本的な解決にはなりません。

臭わないデリケートゾーンにしたいのであれば、乳酸を配合したジェルタイプの膣洗浄を使って膣の自浄作用を高めましょう。

インクリアの中身
膣洗浄ジェルのインクリアは口コミ通りの効果があるのか買ってみて検証しましたデリケートゾーンケア用品の膣洗浄ジェル「インクリア」を購入したので実際に使ってみた感想などをレビューします。また効果や口コミ、妊娠中は使えるのか?副作用はあるか?使用頻度はどれくらいか?なども詳しくまとめたのでご覧ください...
おすすめな膣洗浄器はインクリア
インクリアの中身

膣洗浄器のなかでかなりメジャーであり、口コミの評価が高いのがインクリアです。

インクリアは医療機器に指定されたジェルタイプの膣洗浄器で、膣奥に注入して使用します。

ジェルに配合された乳酸が膣内のバリア機能を高め、ジェルと一緒に膣奥のキツい臭いがするおりものをゆっくり排出してくれます。

カンジダや細菌性腟炎の初期症状にも効果があったという声が多く、長引く生理を早く終わらせたいときにも効果的です。

インクリアはドラッグストアでも購入できますが、公式サイトや正規代理オンラインストアでも3本入りから購入できます。

体臭自体を改善するならサプリメント

デリケートゾーンの臭いは、体の内側の不調が影響していることがあります。

食生活の偏りやストレス、便秘で体臭自体がキツくなり、臭いやすいデリケートゾーンに現れている可能性があるので、体の不調を改善するサプリメントを摂りましょう。

しかし、サプリメントは石鹸やスプレーなどのデリケートゾーン用グッズより効果が現れるまでに時間がかかります。

消臭グッズで外側からケアをしながら、サプリメントでじっくり内側のケアをしましょう。

デリケートゾーンの臭いを解消するサプリメント
デリケートゾーンの臭いに効果的なサプリメントを紹介この記事ではサプリメントでデリケートゾーンの臭いケアをするメリットやおすすめのデリケートゾーンケア用サプリメントについて解説しています...

【DHC】ポリフェノール 30日分

体内が酸化してしまうとデリケートゾーンからも悪臭を放ちますが、ポリフェノールには強い抗酸化作用があります。

水に溶けやすい性質があるので、比較的早く体内に作用してくれます。

抗酸化作用はデリケートゾーンの臭いだけでなく美容全般にも効果的なので、女性におすすめのサプリメントです。

【DHC】デリテクト 30日分

膣の自浄作用を高める乳酸菌を10億個も配合したサプリメントです。

自浄作用が高まれば臭いの原因となる菌をブロックし、感染症の予防にも効果的です。

また、便秘もデリケートゾーンの臭いに悪影響が出ますが、乳酸菌は便秘解消効果もあります。

自浄作用を高めて、便秘解消で免疫も高められるので、自分の体の本来の力で臭いにくデリケートゾーンに改善していきたい方におすすめです。

この記事のまとめ

デリケートゾーンが臭ってしまう原因はさまざまですが、多くの人は以下の3つを心掛けるだけでしっかりとデリケートゾーンの臭い対策ができるはずです。

  • デリケートゾーンに雑菌を繁殖させない
  • デリケートゾーンの保湿ケア
  • デリケートゾーンの自浄作用を高める

自浄作用を高めて膣が本来持つ雑菌をブロックする力を補助し、蒸れなどで雑菌が増えにくい環境を作ることがポイントになります。

デリケートゾーンの臭い改善と言えば消臭をイメージしますが、保湿やVIO脱毛でより臭いにくくすることも重要です。

「自分は臭いやすい体質かも…」と諦めず、原因に合った臭い対策をしていくことで、臭いが気にならない毎日に変えていきましょう!
ABOUT ME
カズミ
カズミ
コメント待ってます♪