臭いの原因

デリケートゾーンが汗で臭いやすくなる3つの理由

運動をして汗を流す女性

デリケートゾーンから嫌な臭いがする…

その根本には、普段からかく汗が関わっています。

デリケートゾーンは汗で蒸れやすいだけでなく、臭う汗が出る汗腺も存在している場所です。

そこで、なぜデリケートゾーンが汗をかくと臭ってしまうのか?を解説し、普段からできるデリケートゾーンの汗ケアをご紹介します。

女性であれば誰もが抱えやすい問題ですので、参考にしてみてください。
このページで分かる事
  • 汗がデリケートゾーンの臭いを悪化させる理由
  • おすすめのデリケートゾーンの臭い対策

デリケートゾーンの臭いは汗と関係している

全身どの部分でも出る汗は本来無臭であるものですが、デリケートゾーンに汗をかくと臭いやすくなってしまうものです。

ではなぜデリケートゾーンの臭いは汗で悪化するのか?理由を解説してきます。

女性器は汗で臭いやすい構造

女性器は男性器のように外に突き出ているわけではなく、奥まっていて細かく深いシワが多いことが特徴です。

女性器の独特の構造で下着と陰部の密着度も高くなることから汗をかきやすく、臭いを発しやすい場所になっている部分です。

汗は酸化すれば臭いを発するようになりますし、蒸れによって雑菌が繁殖しやすくなり、さらなる悪臭に繋がる原因になります。

アポクリン腺から分泌される汗が臭う

デリケートゾーンにはエクリン腺とアポクリン腺という2つの汗腺がありますが、主に臭いを発するのがアポクリン腺です。

アポクリン腺は汗と一緒にたんぱく質や糖質なども排出していて、皮膚に存在している細菌が分泌された成分を分解すると、わきがのような臭いを発してしまいます。

人によってアポクリン汗腺の数には差がありますが、汗をかくと悪臭の原因となるアポクリン汗腺も活動していることが、デリケートゾーンを臭わせる原因として考えられます。

汗が蒸れて雑菌が繁殖している

女性は、女性器の構造と生理周期による女性ホルモンの増加で汗をかきやすい性質がありますが、汗が臭いの直接的な原因となるのは「汗の蒸れ」です。

汗をかいて湿度や温度が高い状態が続くと雑菌を繁殖させやすくなり、デリケートゾーンの悪臭に繋がるだけでなく、細菌性腟炎やカンジダ膣炎の原因菌も増やしてしまいます。

特に細菌性腟炎は性行為でなくても誰もが感染する可能性があるもので、生臭い臭いや腐ったような臭いを発します。

汗はさまざまな理由からデリケートゾーンの臭いを悪化させてしまうので、日頃からしっかりと汗ケアを行いましょう。

汗によるデリケートゾーンの臭い対策

ここまででデリケートゾーンの臭いと汗の関係についてお話してきましたが、対策をするには、

  1. 蒸れさせない
  2. 臭わせない
  3. 制汗・消臭する

この3つがポイントになります。

具体的な対策方法を見ていきましょう。

通気性の良い下着や服を着る

汗をかいたら、とにかく蒸れない環境を作ることが大切です。

直接デリケートゾーンに触れる下着は、通気性の良い綿やコットン、シルク素材のものを選びましょう。

気温が高い日やおりものが多い日は、きついズボンやガードルなどを避けるとより通気性が良くなります。

おりものシートはなるべく使わない方が無難ですが、使用するのであれば2~3時間に1度は交換してください。

生活習慣を改善して臭わない汗に

汗の臭いは、生活習慣と深い関わりがあります。

特に食事内容が影響しやすく、偏った食生活は汗自体の臭いを臭くさせますし、アポクリン汗腺からも臭いの原因となる成分が出やすくなります。

また、ストレスに伴う精神的な緊張でもアポクリン腺が活発に汗を出すようになります。

間接的な食生活・ストレスでもデリケートゾーンを臭わせる汗の原因になるので、生活習慣が乱れている方は改善してみましょう。

アンダーヘアのお手入れ

アンダーヘアのお手入れをしていないと、湿気や温度がこもりやすくなり蒸れやすい環境を作ります。

さらに、排泄物がアンダーヘアに付着して、汗と混ざって余計に臭いを悪化させてしまいます。

現在ではデリケートゾーンの臭いケアのためにVIO脱毛をする人も多くなりました。

全てのアンダーヘアを無くすのに抵抗がある方は、除毛や脱毛で毛量を減らすもの効果的です。

臭いケアグッズの活用

すぐに臭いを改善したいときは、汗ケアグッズを活用してみましょう。

使用するアイテムはデリケートゾーン専用のものだと皮膚トラブルを防げます。

デリケートゾーン用グッズのなかでも、特に汗ケアに最適なものをご紹介します。

専用ソープで雑菌を洗う

汗をかいたらきれいに洗い流したいものですが、普通のボディーソープを使ってしまうと洗浄力や刺激が強すぎてしまい、膣周辺が本来持っている自浄作用効果を弱めてしまいます。

デリケートゾーン専用ソープは膣周辺と同じ弱酸性から弱アルカリ性のものがほとんどで、雑菌や汗、汚れをしっかりと洗い落とせるようになっています。

消臭効果も持続するので、日中汗をかいて臭いが気になるという方は、毎日の入浴時に専用石鹸で洗って臭い予防をしましょう。

デリケートゾーン専用石鹸
デリケートゾーンの臭い対策には専用石鹸がおすすめ!効果・選び方・使い方を解説デリケートゾーンが臭い時に消臭効果があるのが石鹸です。このページでは、デリケートゾーン専用のおすすめ石鹸の紹介や使い方などについて詳しく解説します。...

パウダーでさらさらキープ

下着の中をさらさらにキープできるパウダーも開発されています。

汗以外にもベタつきの原因となるおりものや経血にも効果的で、下着やライナーに塗布すればOK。

外出先でも使用できますし、はり付き感や蒸れによる不快感を防げます。

デリケートゾーン用ウエットシート

外出先でもサッと汗を拭ける、デリケートゾーン専用のウエットシートもおすすめです。

普通のウエットシートだと消臭効果がなく、アルコール入りのものは刺激を与えるので注意してください。

使用後はトイレに流せるタイプが多く、無香料の他に香りつきのものもあり、不快なベタつきや汗の臭いを一瞬で解消できます。

消臭デオドランドクリーム

陰部の周りの毛穴に塗るデリケートゾーン専用デオドラントクリームは、即効性が高く汗をかくこと自体を防げます。

悪臭の原因になるアポクリン汗腺に蓋をする制汗作用があり、高い消臭力で塗ってすぐに臭い解消できます。

クリームと言ってもサラッとしたつけ心地になっていて、ベタついたりヌルヌルした感覚はありません。

お出かけ前に塗るだけで、夜まで制汗・消臭効果が持続します。

デリケートゾーンの臭い対策クリーム
デリケートゾーンの臭いケア用クリームの効果と選び方このページではデリケートゾーンの臭い対策として人気のある消臭クリームの効果や使い方などについて詳しく解説しています...

この記事のまとめ

女性は毎月汗をかきやすい時期がありますし、デリケートゾーンは汗により臭いを発しやすい部分です。

食事などで体質を改善するのは効果が現れるまでにどうしても時間がかかるので、まずは汗対策グッズを使ってみることをおすすめします。

汗で蒸れた状態を放置しておくと、臭いだけでなく感染症を引き起こす恐れがあるので、日頃からこまめにケアできるよう心がけましょう。
ABOUT ME
カズミ
カズミ
コメント待ってます♪
デリケートゾーンのトリセツ