性病

【自分で性病かどうか確かめる方法】検査が恥ずかしいから病院に行きにくいという人へ!

自分で性病かどうか確かめる方法

デリケートゾーンやおりものに違和感がある…もしかしたら性病かも!?

そう感じても、性病である確証が無いのに病院に行くのは恥ずかしさを感じるものです。

周りの目も気になるし、なにより医師にアソコを見られるのは勇気がいることですよね。

実は、自分でなんの性病にかかっているかを正確に判断する方法があるんです。

まずは病院・クリニックの性病検査の流れから、性感染症を放っておくとどうなるのかを解説したうえで、自己判断する方法の具体的な流れや費用、どれくらいプライバシーが守れるかなどを詳しくご紹介します。
このページで分かる事
  • 性病を放置しているとどうなってしまうのか?
  • 病院で行う性病検査の流れ
  • 自分でできる性病検査の方法

性病は適切な処置をしないと重症化する

性感染症に心当たりがあっても、病院に行きたくないからと放置してしまうと、重症化してしまいます。

女性なら性行為をしたことが無い方でも感染する可能性があるカンジダ膣炎も、重症化すれば膣周辺が炎症を起こして痛みを伴いますし、激しいかゆみに襲われます。

また、クラミジアや淋病などは、適切な処置を行わないとパートナーに感染させてしまいます。

一番怖いのが、性感染症の病原菌を放置することで子宮や卵管に菌が侵入して、炎症を起こし不妊症になってしまうことです。

恥ずかしいから、面倒だからと性病を放置して、取り返しがつかないことになる前に、病院でしっかりと治療を行いましょう。

早ければ早い方がいいよね

病院・クリニックではどのように性病検査をおこなう?

性病検査は産婦人科で行いますが、主に膣の分泌液や子宮の入り口の細胞を採取して検査します。

ここからは、「一般的な性病検査診察の流れ」「性病検査を行う際の注意点」について解説します。
病院・クリニックでの性病検査の流れ

病院などで一般的におこなっている性病検査の流れは、

  1. 産婦人科へ行き受付け(受付けの人に症状説明、問診票の記入)
  2. 下半身は下着まで脱ぎ、診察台に乗って医師の診察を受ける
  3. 膣の分泌液や細胞を綿棒で採取し、該当する性病を調べる
  4. 必要であれば膣内洗浄や錠剤の投入を行う
  5. 会計後に塗り薬・飲み薬などの処方を受ける

こんな感じです!

性病検査を行うのが恥ずかしいと思って行かない人がいる

性病検査でどうしても抵抗があるのが、必ず自分の陰部を医師に見せなければならないことですよね…。

病院によっては男性の産婦人科医もいますし、看護婦さんも見ているなかで足を開いて診察してもらうのは、どうしても恥ずかしいものです。

また、膣内部の菌を洗い流すために膣内洗浄を行う場合がありますが、器具を入れて膣を開かせてから洗浄するため、痛みを感じる場合もあります。

恥ずかしさと痛みの恐怖で、性病検査のために病院に行きたくないと考える女性が多いのが現状です。

性病検査をしたら家族にバレる可能性がある

未成年や、親や旦那さんの扶養に入っている女性の場合、産婦人科で性病検査を受けたことがバレる可能性があります。

その理由は、保険証を使って診察を受けると、年に1回、自宅にどこの病院で使用したかの明細が届くからです。

性病にかかったかもしれない…という悩みは、出来るだけ人にはバレたくないものですよね。

しかし、保険証を使用した明細を家族に見られてしまうと、どうしても産婦人科を受診した事実がバレてしまうんです。

自分で性病かどうか確かめる方法

病院に行かずに性病かを判断するには、2つの方法があります。

①自己診断

性病は、病気の種類ごとにおりものの状態や臭い、症状が異なります。

自分のデリケートゾーンやおりものの状態がどの病気の症状に近いかをチェックしてみましょう。

医師の診察を受ける女性
デリケートゾーンが臭いときに考えられる病気・症状・対策を解説このページでは、デリケートゾーンが臭い時に考えられる病気や症状・対策について詳しくまとめています...

ただ、病気の症状は個人差があるため、自己診断では正確性に欠けてしまいます。

②性病検査キット

性病検査キットは、自宅で検体を採取し、専門機関に郵送して検査結果を知ることができるものです。

検体は、調べたい性病の種類によりますが、膣の分泌液・血液・尿などを採取します。

病院に行って医師に陰部を見られる心配はありませんし、忙しい方でも待ち時間を気にせずに性病検査ができることがメリットです。

採取した検体は専門機関に郵送するだけで、検査キットの発送や検査結果が出るまでは、最短2日ほどしかかかりません。

性病検査キットについて

上記でご紹介した検査キットについて、検査の信頼度・費用・プライバシー・検査の流れを詳しく解説します。

性病検査キットの信頼度は?

一般的な病院での性病検査は、病院内で整えられた検査設備で行っていますが、小さな病院や保健所の性感染症検査は、認可を受けた『登録衛生検査所』に委託しています。

性病検査キットの場合は、より早く正確に検査が出来るよう、メーカーが自社で衛生検査所の登録を行い検査をしています。

つまり、実績のある性病検査キットメーカーであれば、検査結果を他の第三機関に依頼せず自社で病院と変わらない信頼度の検査を行うことができるんです。

ただ、全ての性病検査キットメーカーが自社で検査を行っているわけでは無いため、衛生検査所の登録書がホームページに載っているメーカーを選びましょう。

性病検査キットだと費用はどれくらいかかる?

性病検査キットは、検査する性感染症の項目数によってキットの値段が変わります。

おおよその費用の相場をまとめました。

  • 1項目:約3,000円~
  • 2項目:約5,000円~
  • 4項目:約7,000円~
  • 6項目:約10,000円~
  • 9項目:約13,000円~

項目数が多くなると、性病検査だけでなくB型肝炎なども調べられ、膣分泌液の他に尿やのど、血液からも検体を採取します。

性病検査だけが目的である場合、おすすめは4項目~です。

女性が一般的にかかりやすい性感染症は、【カンジダ・細菌性腟炎・クラミジア】で、

その次が、【トリコモナス・梅毒・淋病】です。

項目数が少ないと、検査結果が陰性でも他の性感染症に感染していたということもあり得るので、膣・子宮・血液から検体を採取する検査キットを中心に、なるべく項目数が多いものを選ぶと安心です。

性病検査キットの場合プライバシーは厳守できる?

検査キットが自宅に届くのを避けたい方は郵便局留めで発送してもらえますし、なかにはメーカー名でなく、偽名の個人名で発送してくれるところもあります。

検査の申し込み書は匿名でOKというところもあるので、受診者が誰なのかバレませんし、検査したことが第三者に通知されることもありません。。

また、検査結果は郵送・メール・電話・WEBなどから選んで知ることができるため、性病検査をしたことは絶対誰にもバレたくない!という方でも安心です。

性病検査キットで検査結果がわかるまでの流れ

検査キットの注文から、結果がわかるまでの流れをご紹介します。
  1. 検査キットの注文、受け取り
  2. 必要な検体を採取
  3. 返信用封筒に入れて返送
  4. メーカーで検体を検査
  5. 2~4日後、自分が選んだ方法で検査結果を受け取る(電話・郵送・メールなど)

流れはとてもシンプルで、メーカー側と直接顔を合わせることはありません。

もし検査結果に陽性が出たら、診断結果を持参してお近くの産婦人科を受診しましょう。

性病検査キットでおすすめなもの

性病検査キットはさまざまなメーカーから販売されていますが、その中から本当におすすめできるものを3社厳選しました。

  • 検査の信頼度
  • 性病検査キットの費用
  • プライバシー
  • 性病検査キットのラインナップ
こちらの4つを重視してピックアップしています。

ふじメディカル

ふじメディカル
WEB 公式サイトを見る
検査の信頼性 自社登録衛生検査所
検査方法 のど・血液(SDA法)・尿・子宮・膣
検査結果最短 2日
プライバシー ヤマト営業所留め・郵便局留め・伝票の配送元はふじメディカルではなく「山田純」の個人名にできる
検査結果受け取り方法 郵送・メール・電話
検査費用
検査項目数 費用 種類
1項目 3,500円 クラミジア・淋病・トリコモナス・HIV・カンジダ・梅毒
2項目 5,000円 HIV・クラミジア
2項目 5,500円 淋病・クラミジア
4項目 7,500円 淋病・クラミジア・トリコモナス・カンジダ
4項目+のど 11,000円 淋病・クラミジア・トリコモナス・カンジダ・咽頭クラミジア・咽頭淋病
6項目 9,500円 HIV・梅毒・淋病・クラミジア・トリコモナス・カンジダ
6項目+のど 13,500円 HIV・梅毒・淋病・クラミジア・トリコモナス・カンジダ・咽頭クラミジア・咽頭淋病
9項目 12,500円 HIV・梅毒・淋病・クラミジア・トリコモナス・カンジダ・B型肝炎抗原・B型肝炎抗体・C型肝炎抗体
9項目+のど 16,500円 HIV・梅毒・淋病・クラミジア・トリコモナス・カンジダ・B型肝炎抗原・B型肝炎抗体・C型肝炎抗体・咽頭クラミジア・咽頭淋病
のど2項目 5,500円 クラミジア・淋病
ふじメディカルは、横浜市に登録されている衛生検査所なので、自社で正確な検査を行うことができます。

他の性病検査キットメーカーと比べてもリーズナブルなお値段で、細かな検査項目に分けられています。

ふじメディカルは『匿名検査』ができることが特徴的なのですが、詳細がどのサイトにも載っていないので、電話で問い合わせてみたところ、

『性病検査キットの中に入っている申込書に記入する住所・氏名などを匿名にできるので、性病検査キット使用者の情報を伏せられるシステム』

だそうです。

性病検査キットを注文して配送する際は住所や氏名などを入力しなければなりませんが、実際に使う人の名前や住所を伏せて検査を受けられるため、ふじメディカル側にも誰の検査結果なのかがバレません。

プライバシーに関しても配送元の名前を偽名の個人名にしてくれるなど、細かな部分まで配慮されています。

ふじメディカルの性病検査キットには、デリケートゾーンの性感染症の検査だけでなく、のどにも感染する性病の検査も受けられます。

さくら検査研究所

さくら検査研究所
WEB 公式サイトを見る
検査の信頼性 自社登録衛生検査所
検査方法 血液(SDA法)・子宮・膣 ※のど単体のキット有り
検査結果最短 4日
プライバシー 郵便局留め
検査結果受け取り方法 郵送・メール・電話
検査費用
検査項目数 費用 種類
1項目 3,800円 クラミジア・カンジダ・トリコモナス・淋病・梅毒・HIV・B型肝炎・C型肝炎
1項目 4,800円 子宮頸がん
2項目 6,200円 淋病・クラミジア
4項目 7,600円 淋病・トリコモナス・カンジダ・クラミジア
4項目 9,000円 HIV・梅毒・B型肝炎・C型肝炎
6項目 10,200円 HIV・梅毒・淋病・トリコモナス・カンジダ・クラミジア
8項目 13,800円 HIV・梅毒・淋病・トリコモナス・カンジダ・クラミジア・B型肝炎・C型肝炎
さくら検査研究所は、市長の認可を受けた衛生検査所であり、初めて遺伝子検査のSDA法を取り入れたメーカーです。

平成12年に設立されているので、長期に渡る実績があります。

もし検査結果で陽性が出ても、どの病院に行ったらいいかわからないという方は、さくら検査研究所の提携医院を紹介してもらうことも可能です。

女性が気になる子宮頸がんの検査も性病検査キットで自宅で受けることができ、性感染症以外にも薬物チェックも行えます。

STDチェッカー

STDチェッカー
WEB 公式サイトを見る
検査の信頼性 自社登録衛生検査所
検査方法 血液(SDA法)・子宮・膣・のど
検査結果最短 1日
プライバシー 郵便局留め・匿名検査
検査結果受け取り方法 WEB
検査費用
検査項目数 費用 種類
1項目 4,860円 クラミジア
1項目 7,290円 子宮頸がん
1項目 4,968円 HIV
1項目 3,240円 梅毒
2項目 5,940円 クラミジア・淋病
2項目 4,860円 カンジダ・一般細菌
2項目 4,860円 B型肝炎・C型肝炎
3項目 8,370円 HIV・梅毒・B型肝炎
4項目 7,290円 クラミジア・淋病・トリコモナス・カンジダ
4項目 9,936円 クラミジア・クラミジア(のど)・淋病・淋病(のど)
5項目 9,936円 クラミジア・淋病・HIV・B型肝炎
6項目 11,070円 クラミジア・淋病・トリコモナス・カンジダ・クラミジア(のど)・淋病(のど)
7項目 11,070円 クラミジア・淋病・トリコモナス・カンジダ・HIV・梅毒・B型肝炎
7項目 15,930円 クラミジア・淋病・HIV・梅毒・B型肝炎・クラミジア(のど)・淋病(のど)
9項目 16,740円 クラミジア・淋病・トリコモナス・カンジダ・HIV・梅毒・B型肝炎・クラミジア(のど)・淋病(のど)
12項目 21,600円 クラミジア・淋病・トリコモナス・カンジダ・一般細菌・子宮頸がん・HIV・梅毒・B型肝炎・C型肝炎・クラミジア(のど)・淋病(のど)
STDチェッカーは2003年に設立された検査機関で、全17種類の性病検査キットが販売されています。

他2社との違いは、性行為をしなくても感染するカンジダの他に、細菌性腟炎などの一般細菌の検査もできるところです。

「おりものが生臭いけど、性行為の心当たりが無い」という方は、一般細菌の性病検査キットがおすすめです。

発送や検査結果の通知までが最短1日なので、結果がわかるまでがかなりスピーディー。

STDチェッカーの匿名検査は、申し込み用紙に自分で決めたIDとパスワードを記入するだけなので、検査を受けた人の情報が一切漏れません。

この記事のまとめ

性病は誰もが感染する可能性があるものですが、放置しておけば治るものではありません。

病院に行くのが恥ずかしいからとそのままにしておくと、症状が悪化して不妊症に繋がる恐れがあります。

一番ベストなのは病院で受診することですが、時間が無かったり、恥ずかしいという思いからどうしても行きづらい方は、自分で検査できる「性病検査キット」を使いましょう。

性病検査キットの信頼度はとても高いので、陰性であれば安心できますし、陽性であれば素早く医師の治療を受けることができます。

また、カンジダや細菌性腟炎は、性行為をしなくても膣の自浄作用の乱れから感染するものですが、かなり強いかゆみや悪臭を伴うので、自然治癒するとは限りません。

感染しているかを知ってすぐに治療をすることも大切ですが、日頃からデリケートゾーン用石鹸で原因菌の予防しておくことをおすすめします。
ABOUT ME
カズミ
カズミ
コメント待ってます♪